小説と漫画の読了の記録…とします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

藤崎 都「純愛ロマンチカ7 」
藤崎 都
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 580
(2012-03-31)

JUGEMテーマ:BL小説


千地 イチ「キスは痛いくらいがちょうどいい 」
JUGEMテーマ:BL小説


かわい 有美子「上海金魚」
JUGEMテーマ:BL小説


雪代 鞠絵「honey」
JUGEMテーマ:BL小説


かわい 有美子「透過性恋愛装置」
JUGEMテーマ:BL小説


椹野 道流「新婚旅行と旦那様の憂鬱〈下〉」
JUGEMテーマ:BL小説


新婚旅行先で死体の第一発見者となったウィルフレッドとハルがようやく自宅へたどり着いたのもつかの間、発見した遺体がらみで警部から呼び出され…さらに事件の奥深くまで巻き込まれていくことになりー

やっと下巻を読んで事件も解決。ほどよく事件性がありほどよくラブなので、ほぼ全部の著書を読ませていただいてますが、このシリーズが一番好きかも。次もあるといいなー。

あと気になることが…ヒトデの足切りとトカゲの尻尾切りって同じ意味なんですかね。
月村 奎「恋愛☆コンプレックス」
JUGEMテーマ:BL小説


職場で性癖のことで公務員を辞めて誘われるままに漫画家をはじめ引きこもりとなった志方。自分のテリトリーに他人を入れることを極力さけていたが、ある雨の日、アパートの前で行き倒れて居た隣人を仕方なく家にあげ、空腹だという彼に食料を渡した。そこから急激に懐かれるようになって…

いつもと同じようで違うテンポがとても面白かった。見栄をはる志方がひとり暴走するのもまた面白く…一気に読めました。
かわい 有美子「月一滴」
JUGEMテーマ:BL小説


男運の悪い橋本は、つきあっていないはずの飯島に言い寄られていた。過去の過ちを引き合いにだされ、一方的に迫ってこられていた。恐怖を感じつつも合わせることでしか対処できなかった橋本だったが、ある日、そんな飯島と口論になり殴られてしまい、偶然居合わせた嵯上に助けられ…

タイトルに引かれた買いましたら、シリーズ第三弾。オムニバス形式なのでここからでも支障はまったくなかったけど、やはり前ふたつが気になります。
橋本がなんだか不憫だったな。なにをしていなくとも言い寄られるとか、橋本自身にも何かきっとあるんだろうけど…最後はハッピーでよかった。
水壬 楓子「ダミー」
JUGEMテーマ:BL小説


「エスコート」シリーズ。
普段裏方でガードの管理をしている高科が依頼人のダミーとして動くことになった。そんな高科に付くボディガードは11年前に忘れようとした友人だった…

このシリーズも7冊目? そろそろ相関図が欲しくなってきました。読み返せばいいんですが、出張したかり返ってこない…もう一度買い直そうかとおもっているところです。それくらいには好きなシリーズ。
ひのもとうみ「ソネット」
JUGEMテーマ:BL小説


芸大に通う仁科は詩人を目指す学生だ。将来に不安を抱えながらも詩を書いていると、噂になっていた広尾が目の前に現れた。性格も感性も違う広尾の勢いに飲み込まれ…

微妙に分かりにくいところがありつつも、前2作同様一気に読める。それでいいのか!?と思いつつ、仁科側からの目線であればこれでいいんだろうなぁと思ったり、初回限定に入っているショートショートで引き締まった感があるかなとも思う。またこの作家さんは読むと思う。