小説と漫画の読了の記録…とします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 今日の購入4冊 | main | 今日の購入3冊+1冊 >>
坂木司「動物園の鳥」
動物園の鳥ひきこもりがちな鳥井真一を外の世界へ連れ出そうとする坂木司。遭遇した数々の事件から鳥井の周りは少しずつ人が増えて来た。今回はその内のひとりから動物園で起こる不思議な現象の話を聞き、鳥井は坂木を伴って動物園へ行くことにした。

「ひきこもり探偵」シリーズ3部作の最終巻。このシリーズはミステリではあるけれど、それ以上に人間と人間との“感情”とか“内面”とか“人間の部分”に印象的なところが多い。著者と登場人物が同じ名前で、著者が覆面作家というのも本自体の魅力になっていると思う。そして、三部作の中で、この「動物園の鳥」は、本の構成自体がものすごくいい。
ミステリは苦手、という人にもきっと読めると思う。

BUY→坂木 司【動物園の鳥】
スポンサーサイト
お久しぶりです。
ミステリーと言う枠を越えていました。
人間の心の機微を見事に描いたヒューマンドラマでしたね。

トラックバックさせていただきました。
藍色 | 2009/09/04 17:46
こんにちは。おひさしぶりです。
ミステリーの枠を越えてますよね。最後にふさわしいと思います。
先日、本屋へ行きましたら「ウィングス9月号」でマンガ化しているのを見ました。創元推理のサイトを見たら三部作すべてやるそうです。まとまったら読んで見ようかな、と思います。

[Webミステリー]
http://www.webmysteries.jp/topic/0907-05.html
emeu. | 2009/09/04 22:39
COMMENT









Trackback URL
http://emeu.jugem.jp/trackback/145
TRACKBACK
春の近づくある日、鳥井真一のもとを二人の老人が訪ねてきた。 僕らの年上の友人でもある木村栄三郎さんと、その幼馴染みの高田安次朗さんだ...
動物園の鳥 坂木司 | 粋な提案 | 2009/09/04 17:42