小説と漫画の読了の記録…とします。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 今週買ったもの9冊+1冊 | main | 石田衣良「LAST」 >>
北森鴻「触身仏」
触身仏蓮丈那智フィルドファイル第2弾。特殊な道祖神が祀られているということから、助手の三國と連れ立って調査へと赴く。そこにあった即神仏は〈変っていた〉。過去と現代への事件と解き明かす、など民族学ミステリの短編集。

今秋からドラマになるそうで。本格民俗学ミステリだそうです。木村多江さんが主演と帯にありますが、もうちょ〜とキツイ感じの那智をイメージしてました。家に居たら見てみようかな。この本を読むと民俗学って面白いなぁと思うのです。

BUY→「触身仏」 北森鴻
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://emeu.jugem.jp/trackback/188
TRACKBACK
著者:矢部武出版社:あさ出版サイズ:単行本ページ数:222p発行年月:2007年07月この著者の新着メールを登録するベジタリアンなのに太っている訳、それは安易な解決策を求めたがる人達だから・・・。能力主義なのになぜ整形が多いのか?それは実は「見た目」が一番の能
学研が出していた『戦略戦術兵器事典』からの内容転載が多く、それほど目新しい部分は有りません。武術の写真などの部分は、楽しめました。お財布に余裕が有れば。・民俗学・神話学ベースのおすすめ作品ってある?・宮古島諸島〜民俗学編〜・[book]柳田国男研究論集・[
図説・中国武器集成 | 民俗の厳選紹介 | 2007/08/12 15:47
二十一世紀の大国 著者:莫邦富出版社:日本放送出版協会サイズ:単行本ページ数:283,発行年月:2007年05月この著者の新着メールを登録する経済の改革・開放政策によって大きく発展した中国。豊かになるにつれて市民意識が芽生え,個性化が進み多様な価値観が受け入れ
中国を読む「新語」 | 民俗がいっぱい | 2007/08/12 12:58
触身仏 蓮丈那智フィールドファイル? 北森 鴻 新潮エンターテイメン
触身仏 北森 鴻 | 華麗なるダメ人間の生活 | 2005/10/04 17:42