小説と漫画の読了の記録…とします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 高田明美「GIRL'S MAGIC」 | main | ロバート・A. ハインライン「夏への扉 [英語版ルビ訳付]」 >>
有栖川有栖「火村英生に捧げる犯罪」
オール讀物 2008年 02月号 [雑誌]「オール讀物」2月号に短編(中編?)が収録です。
タイトル「火村英生に捧げる犯罪」を見ただけでドキドキしていしまいました。准教授に捧げるって何!?って。
印象は地味なんですが(すみません。そんなこと言って…)火村とアリスの関係がわかるような気がしました。アリスの推理は警察関係者にはとんちんかんなことであっても、火村にとっては考えを整理するために必要だったり、御手洗でいうところのお札だったりするんだな、と(先日読んだ「占星術殺人事件」が頭から離れない)。
火村が回路ならアリスは直感。だから火村が思いつかないことや気付かないことを“気になる”のだと思います。

今回の見どころは、語り手がアリスひとりでなかったこと。あとは話に響くので読んでください。

BUY→オール讀物 2008年 02月号 [雑誌]
JUGEMテーマ:読書
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://emeu.jugem.jp/trackback/451
TRACKBACK