小説と漫画の読了の記録…とします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 太田忠司「月読」 | main | リン・フルエリン「月の反逆者3 ナイトランナー 3」 >>
似鳥鶏「理由(わけ)あって冬に出る 」
理由あって冬に出る (創元推理文庫 M に 1-1)古くから建つ芸術棟に都市伝説のような噂が立った。壁男がコツコツ足音をさせて近づき捕まると壁に引きずり込まれるというー
美術部に所属する葉山は、芸術棟の鍵を借りに来た演劇部の秋野たちと一緒に噂の真相を確かめることになるが…

意外と小さな謎解きがほろほろ出る分、本当の謎が上手く隠れてしまっていて、最後には色々とそんな風呂敷広げたままだったっけと…日をまたいで読んだのも敗因かも。
推理小説と青春小説(…)の間のような感じなので、学園ものの推理小説を読んでみたいけどごっついのはどうかな、という方にはいいかも。慣れ親しんでいる方にはいまいっぽ物足りないかもしれないけど、今後が楽しみな作者だなぁと素直に思いました。うん。

BUY→理由あって冬に出る (創元推理文庫 M に 1-1) 似鳥 鶏
JUGEMテーマ:読書
スポンサーサイト
久々の楽しい長編ミステリーでした。
トラックバックさせていただきました。
藍色 | 2010/11/23 01:17
COMMENT









Trackback URL
http://emeu.jugem.jp/trackback/463
TRACKBACK
芸術棟に、フルートを吹く幽霊が出るらしい―吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。幽霊を否定する必要に迫られた部長に協力...
理由あって冬に出る 似鳥鶏 | 粋な提案 | 2010/11/23 01:16