小説と漫画の読了の記録…とします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< コナン・ドイル「緋色の研究」 | main | 椹野道流「夜の乱入者」 >>
笹生陽子「楽園のつくりかた」
楽園のつくりかた (角川文庫)楽園のつくりかた (角川文庫)
笹生 陽子
JUGEMテーマ:読書


中学2年生の優は母親と突然、父親の実家へ引っ越すことになった。村立の学校には4人のクラスメイトが居て…

久しぶりに雷が落っこちてくるような衝撃を受けた。その後、泣けてきた。
読む前までは帯にある紹介文は正直言いすぎじゃないの?と思っていたが、読んだ後はまったくもってその通り!と思っていた。たんたんとしている中に個々の成長が分かる。すごくいいなぁと思った。「ぼくらのサイテーの夏」「きのう、火星に行った。」と読んでいたけど「楽園のつくりかた」は格別にいい。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://emeu.jugem.jp/trackback/622
TRACKBACK
エリート中学生に転校の悲劇。しかもド田舎の学校。同級生はこの3人。バカ丸出しのサル男、いつもマスクの暗い女、アイドル顔負けの美女(?)...
楽園のつくりかた 笹生陽子 | 粋な提案 | 2010/09/20 18:43