小説と漫画の読了の記録…とします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 辻真先「長崎・ばてれん列車殺人号」 | main | アンソニー ホロヴィッツ「ダイヤモンドブラザーズ〈ケース4〉空とぶフランス菓子」 >>
森絵都「つきのふね」
JUGEMテーマ:読書


万引きをして捕まりそうになった時、友達を裏切った。そこから関係はぎくしゃくし、さくらは孤立していった。心のよりどころの智さんは、ふとした瞬間に“仕事”に夢中になってしまう…

持っている文庫と表紙が違う…。みどりいろのほんわかした表紙…手持ちの方が抽象的で好きかも。森絵都作品は読み始めはなぜかいつも挫折しそうになる。なのに読み進めると(今回も)ぐっと引き寄せられ、ほろりとさせられる。電車の中じゃなかったら、きっと涙してた。
スポンサーサイト
こんばんは。
また一日違いでビックリです。
テーマは結構重いものなのに、
さらりと、暖かく包むように書かれていてよかったです。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
藍色 | 2009/07/18 04:44
こんにちは。
いつもありがとうございます。
本当びっくりですね! 一日差!
最後「つきのふね」というタイトルにも感動しました。読んでよかった。
トラックバックのついでに誤字を修正しました…ものすっごい恥ずかしいです。
トラックバック返させていただきました。
よろしくお願いします。
emeu | 2009/07/18 10:35
COMMENT









Trackback URL
http://emeu.jugem.jp/trackback/702
TRACKBACK
あたしはちゃんとした高校生になれるのかな。 ちゃんと生きていけるのかな。壊れやすい心たち。 平凡な日常の中にあるドラマ。登場人物に...
つきのふね 森絵都 | 粋な提案 | 2009/07/18 04:30