小説と漫画の読了の記録…とします。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 柄刀一「時を巡る肖像 」 | main | 茶屋町勝呂「Lamento -BEYOND THE VOID- 2」 >>
しかくの「ラ・プティット・ファデット La Petite Fadette」
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

ある農村に生まれたある双子を巡る「恋」物語。少年たちは時ともに青年になり…そして起きた悲しい事件。

帯に「綾辻行人、唸る。」とあるんだけど、唸るより驚いた。うわ〜っそうなるのか!って。読んでよかった。ミステリコミックの醍醐味を味わった気分。
ジャケットのデザインも漫画の枠じゃないところがまた素敵です。横。本屋での棚を無視した横書き。こういうデザイン好き。
今年は「爺さんと僕」のシリーズが未収録作品を入れて新たに出るそうなので楽しみです。
スポンサーサイト
はじめまして(´・ω・)
TBさせていただきました♪

最後の最後のあの展開が無くても、良質な青春(?)物語ですよね。
でも驚いたし、面白かった〜(私も 帯の“唸る”にひかれて買っちゃいました!笑 表紙もステキ☆)

emeuさんの感想いつも読ませていただいております。
時雨沢先生の「お茶が運ばれてくるまでに」はemeuさんのblogを見て知り、読みたくなって、本屋に走りました♪感謝っ(´>∀<)
あかね | 2010/03/05 10:42
はじめまして。emeuです。
emeuも途中、ミステリなことを忘れて読んでました。だからか驚き加減は倍以上になってより面白かったのかもな、と思います。
時雨沢さんの「お茶が運ばれてくるまでに」もありがとう。とても嬉しいです。今後もどうぞよろしくおねがいします〜。
emeu. | 2010/03/06 17:20
COMMENT









Trackback URL
http://emeu.jugem.jp/trackback/763
TRACKBACK
おひさしぶりです先日・・・久々にマンガを購入いたしましたしかくの先生の『ラ・プティット・ファデット』です ラ・プティット・ファデット La Petite Fadetteしかくの東京創元社 2009-07-29   STORY:汽車で偶然乗りあった男が語った、のどかな田園で
ラ・プティット・ファデット / しかくの | 恋する図書館。 | 2010/03/10 09:29